アブノーマル出会い.com

トップページ > 電気を消さない部屋のコスプレでこんなに濡れるなんて

電気を消さない部屋のコスプレでこんなに濡れるなんて

18歳未満の方は退出してください
【完全無料】でアブノーマル出会い
↓↓↓↓↓




旦那とのエッチはいつも同じ手順でとてもノーマル、もちろん旦那を大切に思っているのですがエッチだけは満足できないのでSNSでエッチをする相手を探して時々楽しんでいました。
彼ともSNSで出会いました。最初はいつものように1回きりのつもりだったのですが、彼は今までの誰とも違い私のMな部分を見抜いたようでホテルに入ってシャワーを一緒に浴びるとき私をひざまずかせてしゃぶらせ、シャワーを出てからエッチをするときは部屋の電気をつけたままソファーの上で自分で慰めるように命令してきました。自慰行為を明るい場所でみられるという今までにないアブノーマルな体験に私は自分でも驚くほどに濡れて感じてしまいました。
彼はそんな私を見て満足そうに自分のモノを手でしごいていましたが何か思いついたようで、フロントに電話をしました。
届けられたのはAKB風の制服で、次はそれを着てトイレでするように命令ました。それもクリと胸だけをさわり指を入れてはいけないと言われたのです。
便器に片足を乗せ中が見えるようにスカートをめくり胸がみえるように上着もめくり上げた状態でトイレでオナニーをする、恥ずかしくて涙が出そうなのにその恥ずかしさが気持ちよくていやらしい声と汁が止まりませんでした。いきたいのにいけなくて足ががくがくしてくると、大きな声で「入れてください」と何度も言わされやっと彼のモノを入れてもらえました。その時も服は着たまま天井の鏡に映る自分のいやらしい姿を見ながらいくように命令されました。


【完全無料】アブノーマルOK!


お淑やかな主婦との出会いがアブノーマルな関係に



1、出会い
小さなスナック、2人組みのイケてる熟女。美人ではないが男好きする顔とスタイル。その1人が気になる。彼女たちも時々視線をこちらに送る。深夜に近くなり、お客は我々3人に。「こちらに来てもよろしいでしょうか」積極的に行動する。電話番号を交換。
翌日、御礼の電話。次のデートの約束を取る。同じスナックで合うことにする。10日ほど後に再開し、楽しく飲む。
2、彼女も積極的になってくる
お店の帰り、酔い覚ましに歩く。深夜の公園のベンチ。「静かな温泉に御一緒しませんか?」と誘う。結婚してますので、おとまりは無理と断わらた。あと一押し、唇を奪う。彼女も積極的に応じる。もう一度「おとまり行きましょう?」「私の都合良い日なら」。ヤッタ!
3、アブノーマルな関係の始まり
それからひと月、温泉旅行の日。高鳴る胸を抑えながら、待ち合わせの駅に。彼女が現れ、タクシーで温泉へ。
部屋に通されて、後ろから彼女の腰に手を回すと、私の手は自然に彼女
の膨らみに移動した。見かけより大きいオッパイ。
部屋に天然温泉付きの部屋を予約して良かった。彼女をお風呂に誘導する。彼女は積極的に私のペニスを手に取り「大きすぎ!」と良いながら丁寧に洗ってくれる。
4、乱れに乱れるアブノーマルな主婦
主人とはずーっとないのよ!と良いながら私のペニスをフェラ。ぎごちない。私は彼女の頭から足先までゆっくり唇を這わす。
「紫のパンティなの」下着はエロい。
パンティをゆっくり脱がせ、クンニ。クリトリスからいやらしく、オマンコ全体を7〜8分。恥ずかしいほど大きな声「そこダメ!おかしくナル!あーん、アッそこもっとして!」
指と唇で彼女を行かせた。「早く太いの入れて?」と彼女が懇願。焦らせながら入れてやった。「太くて硬いわ!私のオマンコにいっぱい出して!」。2人は同時に昇天。
夕食後、寝る前、早朝にセックスを楽しませた。お淑やかな彼女はセックスの度ごとにパンティを履き替える。黒、ピンクのスケスケ、黒の穴あき、黄色。出会いは静かでセックスはアブノーマルな女でした。

45歳 自営業


【完全無料】アブノーマルの扉を開ける


アブノーマルな乱交パーティーで女性と出会いました



私は友人から、乱交パーティーが某所で行われている事を知りました。
普通のエッチでは飽き足らず、アブノーマルなエッチをしたいと思っていた私には、友人の情報が渡りに船と言う感じだったのです。
そこで私は友人から乱交パーティーが行われている場所と日時を教えてもらい、参加する事にしました。
乱交パーティーは雑居ビルの一室で行われていたのです。
参加者は皆思い思いのマスクを付けているので、誰が誰だか分かりませんでした。
ですがみんな裸だったので、男性か女性かは直ぐに分かったのです。
最初は軽食を取りながら和やか雰囲気でしたが、徐々に乱交が始まったのです。
一対一でしている人も居れば、女性一人に二人の男性がしていたりと、それぞれ思い思いの乱交をしていました。
このままでは私一人が余ってしまうと思い、慌てて相手を探しました。
そしたら一人の女性がまだ、相手を探していたのです。
そこで私はすかさず彼女の元に駆け寄り、相手をしてくれるように頼みました。
そしたら彼女は快く受け入れてくれ、私たちは事に及び始めたのです。
会場はあちこちで性欲剥き出しに男女がもつれ合っていましたので、これぞアブノーマルの極致と言う感じでした。
私は彼女とだけ終始エッチをしていて、終わりを遂げました。
私達はそれで思いが通じ合い、その後も会うようになったのです。
私はアブノーマルな場所で彼女と出会い、付きあうようになりました。

私達は二人の時もアブノーマルなプレイをしあって、楽しい時間を過ごしているのです。


「30代|会社員」


【完全無料】アブノーマルさんに、いつでも会える!