アブノーマル出会い.com

トップページ > 今までとは全く違うエッチな出会い

今までとは全く違うエッチな出会い

18歳未満の方は退出してください
【完全無料】でアブノーマル出会い
↓↓↓↓↓



私は、元々エッチ目的でいろんな女性と出会ってきました。
サイトを通じて、エッチができる女性を探しては、性欲を解消してきたのです。
ところが、今回の女性とは、今までとは全く違うアブノーマルな出会いをしたのです。
一応、今までと同じエッチ目的での出会いではあったのですが、女性の欲求不満が尋常でなかったのです。
女性と出会っていきなり、「もう我慢できないです、車でエッチしませんか」と言われたのです。
実は、サイトでやり取りしている段階から、すでにアブノーマルな部分は感じていたのです。
女性から、いろんなアダルトワードが飛ぶ交う時点で、明らかに普通の女性とは違うと感じたのです。
ただ、私自身もそろそろ普段とは違うエッチをしたいと思っていたので、女性の要望通りに車の中でエッチをすることにしました。
車を人のいないところまで走らせて、車内でお互いに全裸になってエッチをしたのです。
もちろん、私にとっても車内でのエッチは初めてですし、何だか凄く新鮮な気分でした。
女性は、車内にも関わらずかなり大きな声で喘いでおり、凄まじいほど欲求不満だったのでしょう。
車内で30分ほどエッチしてからは、そのままホテルに行ってまたエッチをしました。
車内では、あまり激しいエッチができないので、ホテルではお互い相当激しくエッチをしました。
女性は、数え切れないぐらい何度もイキまくり、精力に自信がある私も、エッチが終わった後には尽き果ててしまいました。
でも、私としてはこんなアブノーマルなエッチができて、とっても楽しい気分になれましたし、定期的にこのような女性と出会いたいと思いました。

【完全無料】アブノーマルさん集いの場


彼のテクニックは元彼からの引き継ぎ



ある日、半年付き合った彼氏に別れようと言われました。突然のことだったのでビックリしたんですが、彼は「俺と別れたら寂しいだろうから、代わりの奴を連れて来た」と、見知らぬ男性を紹介されました。彼の大学時代の友達だそうです。それが今の彼との出会いです。
カフェで3人で5分ほど会話をしたあと、彼氏は先に席を立ちました。するともうひとりの彼も「じゃあ俺たちも行こうか」と私を促しました。私は何がなんだか分からず、新しい彼になったらしい、その彼と共に店をでました。
そのまま腕を引っ張られるようにして連れて行かれたのはホテルです。え?え?と戸惑う暇もなく、部屋に連れこまれ、キスをされ、服を脱がされました。今会ったばかりの人とエッチするんだと思うと、自分が淫らになったようで、それだけで下半身が疼いてきます。おまけに彼は、私を初めて抱くのに、何故か私の性感帯を昔から知っているかのように責めてきます。私が「どうして」と喘ぎながら聞くと彼はニヤリと笑い「前もって、あいつにどこが感じるのか聞いてあったんだよ。引き継ぎ、ばっちりだろ?」と答えました。
私はまるでペットのように、もらわれたんです。普通ならこんなバカげたこと、絶対にお断るすんですが、いきなりだったのと、今の彼のテクニックに翻弄されてしまい、もう抗うこともできなくなっていました。
こうして新しい彼と付き合い始めました。たまに元彼もやってきて、3人でエッチも楽しんでいます。我ながらアブノーマルだなと思いますが、気持ちいいので止められません。


21歳 アルバイト


【完全無料】集まれ!アブノーマル!


アブノーマルこそ本命。彼女も私と同じ身体と心の持ち主


人に明かせないけれど、とても止められない癖があります。ずっと若いときからの癖です。普通のセックスでは物足りないのです。いつも異常なセックスに惹かれてしまう自分ですが、もうそれにも慣れてしまいました。アブノーマルは、男女の性愛のひとつの形だと思っています。異常なことではなく、ふつうのことだと考えるようになっています。
ある出会いがきっかけでした。サイトで女の人と出会ってから意識が分かりました。その女性は、私とタイプは地価製ますが、れっきとしたアブノーマルセックスの愛好者でした。愛好者というより、とりこになってしまい、やはり普通のセックスでは物足りなさばかりを感じるというのです。私も彼女も、同じアブノーマルだと思うと遠慮はいらないのです
気持ちが楽になって、いつも会うたびにアブノーマルの世界にどっぷり漬かって喜びを分かち合うようになっています。
どんなに疲れていても、アブノーマルな時間を一緒に過ごすと生命力がよみがえるように感じます。
私のアブノーマルは、アナルです。するのも、されるのもアナルが中心で、ほかの行為はさほど興奮しないのですが、アナルをなめられていったときから、取り付かれてしまったのです。彼女は、スカトロです。激しい動きのセックスも好きなのですが、彼女はスカトロで恥ずかしい思いをした後でないと、どうしてもいくことができない身体と心になってしまっています。ホテルで会うと、いつもセックスをすぐ始めるのではなく、いやらしい会話であそこがうずくまで、じっくりと話をするのです。ひたすらアブノーマルの世界に浸りたいと願い、今はとても充実しています、

43歳、自営業

【完全無料】華麗な女性にはアブノーマルが多い!