アブノーマル出会い.com

トップページ > M男の私はアブノーマルなセックスがしたくて出会いサイトを使ってみました

M男の私はアブノーマルなセックスがしたくて出会いサイトを使ってみました

18歳未満の方は退出してください
【完全無料】でアブノーマル出会い
↓↓↓↓↓



私はM男なのですが、これまでそれを隠して生きて来ました。

しかしどうせ一度の人生なのだから、自分のしたいように生きてみようと思いついたのです。
そこで私は自分の事をののしってくれる女性を探す為に、出会いサイトを使ってみました。
出会いサイトのコメント欄に、「僕の事をののしってくれる女性と出会いたい」と書き込んでみました。
そしたら私のコメントを見た女性が、声を掛けて来たのです。
女性はどっからどう見てもS女で、彼女なら私の事を思いっきりののしってくれそうだなと思いました。
そんな事を思っていると、彼女は「本当にののしって良いの?」と聞いて来たのです。
私はそれ来たと思い、「思いっきりののしって良いから」と答えたのです。
そしたら「思いっきりののしってあげる」と言い、私はラブホテルへと連れて行かれました。
部屋に入ると彼女は早速、私をののしってきました。
「この豚野郎」とか「変態男」とか、ありとあらゆる罵りの言葉を彼女は吐いて来たのです。
私は彼女にののしられ続け、どんどん気持ち良くなって行きました。
更に私は気持ち良くなるために、彼女に叩いたり蹴ってくれと言ったのです。
そしたら彼女は大喜びして、私の頬を叩いたり、お尻を蹴ってくれたのです。
私は彼女に言葉でののしられ、暴力を受けた事で興奮が最高潮に達した事で、今度は一転してS男に変化しました。
そこで私は彼女をベッドに押し倒し、無理やりセックスをしてしまったのです。

てっきり無理やりセックスをしてしまったので、彼女に怒鳴られるかと思いましたが、意外にも彼女は私のセックスを喜んでくれたのです。
どうやら彼女も、私と同じようにSとMの両方を持っていたようです。
お互いにアブノーマルな性癖があると知った私たちは、これ以降もアブノーマルなセックスをする仲となったのです。


【完全無料】変態な出会いはココだよ♪


出会い系サイトでアナル調教希望の熟女が人前でおしっこやうんこを



私は30歳の会社員です。最近、出会い系サイトで出会ったアブノーマルな性癖を持つ変態熟女にハマってしまいました。彼女とはアブノーマルな出会い系ではなく、大手の出会い系サイトで知り合いました。私もアブノーマルな性癖を持っており、アナルを責めるのが好きでした。そこで、掲示板に「アナルを虐められたい人、メッセージ待っています。」と書き込みをしました。すると、この熟女からメールをもらいました。

彼女は明美34歳の人妻でした。旦那には全然相手にされず、もう何年もセックスレスとのことでした。インターネットでアナルを調教される小説や体験談を読んで、アナル調教に興味を持ったようでした。サイトで3日ぐらい話をしてから、LINEで話をしました。LINEでは、私が過去にしたアナル調教の話をしたり、明美がどんなことをされたいのか話しました。

有給が取れたので、明美と調教する約束をしました。待ち合わせ場所に明美が立っていました。長い髪の小奇麗な女性でした。車に乗せて、ホテルへ行きました。明美とディープキスをした後、明美に服を脱がせました。体型は崩れていましたが、それが逆にそそりました。

明美に尻を突き出させて、明美のアナルを舐めました。「あんあん」と喘ぎ、感じているようでした。アナルに舌先を突っ込むと、更に激しく反応していました。マ○コを触ると、すでにビチョビチョでした。明美のアナルを柔らかくした後、私は持って来たイチジク浣腸をしました。明美は「痛い」と言いましたが、私はお構いなしに、3本入れました。明美は苦しがっていました。その姿が逆に興奮しました。私は明美のアナルを指で詮をして、キスをしたり、胸と乳首を責めたり、マンコを責めたりしました。彼女は苦しみながら感じていました。「もう我慢できない。」と明美は叫んだので、「臭いうんこを出させてください。」と頼めと命令すると、彼女は「臭いうんこを出させてください。」と叫びました。私と明美はお風呂場に行きました。そこで、うんこを思いっきり出させました。一緒におしっこもたくさん出ました。人前だというのに、お構いなしに大量に出していました。

その後は、ベッドに行って明美のアナルにローションを塗って、アナルセックスをしました。最初は痛がって、「痛い痛い」と叫んでいましたが、そのうち感じて来たようで、「ああ、頭の中が真っ白になる!」と絶叫しました。

私も明美もこのアナルプレイにハマってしまい、それ以降私たちは定期的に会って、明美のアナルを調教しています。

30歳 会社員


【完全無料】変態の扉を開ける


いい女なのにお漏らしプレイを好む変態



出会い系サイトで知り合った人妻と不倫している私は最近困っています。

それはこの人妻とのセックスに関してなのですが、思わず引いてしまうようなアブノーマルなプレイを要求するようになってきたのです。

私自身もコスプレや目隠しをしたりするセックスが好んでいるのですが、人妻が要求するのは少しずれているのです。

この人妻が要求するアブノーマルなセックスとはお漏らしプレイです。しかも野外でのお漏らしプレイなのです。

私は人妻の性癖を打ち明けられたときは驚きつつも、興味本意で受け入れていました。

ホテルのベッドで指マンやクンニで愛撫していくと人妻は尿意が出るらしく、この一連の動作を何度も繰り返していくのです。

そして人妻はわざわざパンツとスカートを穿いてシャワー室へと向かいます。

そこで私が見つめる中でお漏らしをするのです。スカートの隙間からポタポタとオシッコがこぼれてくる様は何とも異様で、正直私の趣味ではありませんでした。

それに付き合っていく内に人妻は野外でのお漏らしを要求するようになったのです。

地元の某公園に行き、草影で指マンを繰り返すといつものように尿意が発生し、そのままベンチへと移動します。そしてベンチに座ったまま漏らそうとしたのです。

私は慌てて人妻を立たせてベンチの後ろへと引っ張りました。白い湯気とともにアンモニア臭が私の鼻を刺激して私は嫌気がさしてきました。

ビジュアルがとてもいい女なので別れたくないのですが、このお漏らしプレイに関しては我慢の限界です。新たに出会い系サイトで女を見つけた方が良いのでしょうか。

31歳|自営業


【完全無料】あなたの隣の変態さん、いつでも会える!