アブノーマル出会い.com

トップページ > 初めての体験で病みつきになりそう

初めての体験で病みつきになりそう

18歳未満の方は退出してください
【完全無料】でアブノーマル出会い
↓↓↓↓↓



私は現在結婚していて子供も2人いてます。仕事も家庭も何の不満もなく過ごしています。しかし以前に間がさしてたというか興味もありアブノーマルなプレイの経験をしたいと思った事があります。

思ってもなかなか行動に今までは移さなかったのですが、この時だけは何故かすぐに行動に移ってしまいました。

私がこの時に利用したのがエロの出会いがメインのサイトです。このサイトを使って私はアブノーマルなプレイが趣味、得意な女性を募集しました。するとすぐに何通かの応募メールが来て私はその中でも、29歳の元SM女王様の女性と出会いました。彼女を選んだのは彼女の希望プレイの内容も確認し、このプレイ内容であればアブノーマル初心者の私でも楽しめると思ったからです。彼女も女王様の経験もあるので、いじめ方も熟知しているので安心して連絡出来ました。

会ってみると露出の高い服に、網タイツにピンヒールのニーハイブーツでいかにも女王様という格好で興奮してきました。プレイの方は最初はパンツ1枚に目隠しに縛りからスタートでした。

縛られたままヒールで踏まれたり言葉攻めされたり、唾液をかけられたりとなかなかものでした。その次は裸になり私の息子を踏んだり、手でいじったりするのですが、イカしてはくれずイキそうになると寸止めで止められるのが何度も続きました。

最後は女王様に顔面騎乗をされながら手コキでフィニッシュでした。初めての経験でしたがちょっと病みつきになりそうでした。


30代 会社員


【完全無料】変態たちの集いの場


今までにないちょっと変わった楽しみ方



これまで何人かの女性と付き合ってきましたが、中には出会い系サイトで知り合った女性もいます。で、そのうちの一人がこれが結構アブノーマルな癖(へき)を持った方で、出会った当初ははちょっと引いていたものです。が、だんだんと私自身ものめり込むようになり、今ではすっかりハマってしまっています。

さて、その女性のアブノーマルな癖とはズバリ露出狂であり、デートと言えば、ほとんどが半裸の状態でした。とはいえ、ここは日本。法治国家であり、そんな過激な格好で出歩くことは不可能であります。なので、コートのような長いアウターを活用して、中身は完全にスッポンポンというスタイルが専らでした。

最初のうちは、周りにバレたりしないだろうかと、本人よりもこちらがドキドキ心配しているような状況だったのを今でも覚えています。

ですが、何度かこのデートをこなしていくうちに、上手く説明できませんが、だんだんとこのドキドキ感を性欲に結びつけられるようになっていったのです。なんというか、周りにはバレていないけれども、自分だけは、このコートの中がどうなっているかを知っているということを考えると、いてもたってもいられなくなるのです。

とりわけ、電車での移動時には、街中を歩いているときよりも、動きが少ない分、スリルを楽しめましたねえ。
とまあ、出会い系サイトで知り合った、その女性との関係は、今までのどの女性よりも刺激的であり、それがきっかけとなり、新たな自分を発見することができました。

ある意味で人生観が変わったいい経験であり、アブノーマルにはこのように人を変える大きな力が備わっているのかもしれません。


34歳|営業職


【完全無料】アブノーマルな趣味を持つ・・・ご婦人多数登録!


興味があったアブノーマル



アブノーマルなプレーには若い頃からかなり興味がありました。
しかし今まで付き合って来た彼氏や知り合ってきた男性ではアブノーマルマニアの方は1人でもいなくて、そんな事を自分から口にするものどうなの?と思っていました。

しかしある出会い系の中の掲示板にアブノーマルなカテゴリがある事を知ってすぐに覗きにいきました。
掲示板の中にはアブノーマルの出会いを求める男女で溢れていて、これだーと思いました。

早速掲示板に超初心です的な書き込みをしてみました。
痛いのとか辛いのとか怖いのは嫌なのであくまでもソフト路線で一から教えてくれる方と出会いたいなる内容で書き込みました。

書き込みをして数時間でなんとある男性からメッセージが届きました。
「自分は49歳のアブノーマルプレーを得意としている既婚者です。自分はかなりのプレーには自信がありますが、お相手は初心者の方や初めてするって方が大好物です。優しくソフトに指導できます。一緒に安全に楽しみませんか?」なる内容でした。

凄く興味をそそられて恥ずかしながら文章を読んで濡れてしまいました。
早速お返事をして、後日都内のシテイホテルで会う事にしました。
第一印象がお互い良くない場合はロビーで解散しましょうと言ってもらいました。

当日はかなりドキドキで都内ホテルへ。
そこにいたのがごく普通の少しぽっちゃちの男性でした。

部屋に上がると一緒にシャワーを浴びてくれて、体を拭いてくれました。
彼が用意してくれた目隠しと痛くないロープで腕を縛ってくれました。
ローターを入れられて、人生初のアナルを刺激されて、すごい言葉をかけられながら私は頂点に達しました。
彼とはその後も2度会っていますが、現在も継続中です。

31歳。クリニック関係の仕事。


アブノーマルの扉